知っ得!ひげ脱毛の知識TOP

脱毛は美容のために必要なことなのだろうか

脱毛は美容のために必要なことなのだろうか。

横浜住みの私は中国から帰国したばかりなので、脱毛は国別の文化の差にすぎないと感じる。

広告では、女性にみならず男性も体毛を脱毛するようによびかけている。

そして、体毛が少ないほど美しいというイメージを植え付けることに脱毛関連業界は必死である。

しかし私はここ半年中国にいたが、女性が脇の下を剃ったり脱毛している人がいないことに気が付いた。

最先端の都市部では剃る人が若干でているようだが、中小都市や地方では皆無である。

剃る手間が大変であるとか、剃刀の購入費が生活費において高額な割合になるなどの理由があろう。

よって、剃る人のほうが少数派である。

私も、当初、脇の下の毛がふさふさしている女性を見ておどろいたものだが、数週間もたつと、それがあたりまえであり、違和感は薄れてきて、やがて違和感はなくなった。

日本においても40年、50年前は横浜の脇の下を剃る女性はめったにいなかったのではないだろうか。

脇の下を剃るということは、アメリカの風習がひろまって、それが日本に定着したのであろう。

やはり当時は、なんでもアメリカを見習えということだったのであろう。

アメリカのマネをしていればいいという時代は終わったのだろうが、いったん定着した、女性は脇の下をそるべき、脱毛すべき、という常識はもはやなくなることはないだろう。

■関連記事:http://news.nicovideo.jp/watch/nw89660

Copyright cheatyourwaythinx.info.All Rights Reserved.

当サイト(知っ得!ひげ脱毛の知識)の記事・画像などの無断転用を禁止します。